森の国オカリナフェスティバル開催!!


♪第13回フェスティバル 参加者募集要項

オカリナフェスティバル 参加者資格

♪ 参加資格:オカリナ演奏者(個人・グループ)

 「森の国オカリナ・フェスティバル」は日本全国のオカリナ愛好者・愛好グループが集い、それぞれの演奏を披露しあい、交流を深めることを目的としています。そのため、プロアマ問わず多数の方にご参加いただきたいと考えております。自然あふれる町、宍粟市(しそうし)で演奏に参加したいというあなた。まだ、オカリナを始めて間もないけど舞台で演奏してみたいというあなた。ぜひぜひお申込みいただきますようお願いいたします!!

オカリナフェスティバル 募集内容

♪ 再募集期間:新たな募集はございません
※ 募集期間中に、申し込みフォームより事務局までご連絡ください。

♪ 募集グループ数:45グループ

※ ソロ15組、グループ30組(CD伴奏でもピアノ伴奏でも、オカリナを一人で演奏される場合はソロとさせて頂きます)
※ 只今、2020年4月のフェスティバルから、出場権を引き継がれているグループに出演の可否を確認しております。その結果、欠場枠で再募集いたします。詳細は11月中旬以降お知らせいたします。
※ それでも申込が多かった場合は抽選にて出演者を選考させて頂きます。抽選に関しては実行委員会にて公平に執り行わせて頂きます。 (抽選後に本申込を含めた、詳しい案内を再度送付させていただきます。)
※ 1グループの持ち時間:入退場込みで8分(ソロの場合は6分)
※ できるだけたくさんの方にご参加いただけるよう、今年も重複参加はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

☆抽選後、書類でフェスティバルの詳細を郵送いたします。

♪ 出演料:ソロの場合3,500円/1人
        グループの場合2,500円/1人

         会費には開場入場料も含まれています。


  出演申し込みは締め切りました
      
             

オカリナフェスティバル 開催内容

2022年4月2日(土)  リハーサル
→リハーサルは参加希望者のみの参加となります。
リハーサル会場:
山崎文化会館(兵庫県宍粟市山崎町鹿沢88-1)
            Tel.(0790)62-5300

リハーサルのタイムスケジュール(予定)
 ★13:00 リハーサル開始
 ★17:00 リハーサル終了

2022年4月3日(日) フェスティバル当日
開催場所:山崎文化会館(兵庫県宍粟市山崎町鹿沢88-1)
        Tel.(0790)62-5300

当日のタイムスケジュール(予定)
 ★9:15 受付開始
 ★9:30 開場
 ★10:15 フェスティバル開演
 ★17:30 フェスティバル終了

♪ イベント内容 
(1)参加者の演奏(ソロ、アンサンブルなど)45組
(2)ゲストによるオカリナ演奏
 次回のゲスト デュオたんと&デュオ・セルリアン
(3)オカリナ楽譜やアクセサリーの販売会(楽器の展示販売は現在検討中)
(4)第2回森の国オカリナ制作コンテスト



写真は2008年のゲスト稲葉知香子さん
森の国オカリナフェスティバル ゲスト演奏

2009年ゲストの茨木智博さんと大柴拓さん
茨木智博さん

写真は2010年ゲストのnyuCrossroad の齋藤由美香さん(オカリナ)と土田直之(ギター)
nyuCrossroad

写真は2011年ゲストのみるとさん(オカリナ)と矢萩さん(ギター)


写真は2012年ゲストの宗次郎さん。


写真は2013年ゲストのオカリナセブンさん


写真は2014年ゲストの大沢聡さん


写真は2015年ゲストのスイートポテトオカリナ合奏団さん


写真は2016年のゲストのオカリナ&サックスフォーン ViVIさん


写真は2017年のゲストの茨木智博さん森の国スペシャルアンサンブル


写真は2018年のゲストのゴシキヒワさん


写真は2019年のゲストの璃美さん


イベントの内容や申込に関するお問い合わせはこちらまで

お問い合わせ電話番号:0790-62-7500

 

●フェスティバルのご案内

オカリナ・フェスティバルについて
開催内容・参加者募集
主催者について

●過去のフェスティバル

☆2019年フェスティバル
☆2018年フェスティバル
☆2017年フェスティバル
☆2015年フェスティバル
☆2014年フェスティバル
☆2013年フェスティバル
☆2012年フェスティバル
☆2011年フェスティバル
☆2010年フェスティバル
☆2009年フェスティバル
☆2008年フェスティバル

●リンク集

☆リンク先一覧

 

 

♪お問い合わせは

  

         ウルトラマンへ!!





 

 





























bottom
inserted by FC2 system